ウィリアムズバーグにラグジュアリーホテルオープンが集中するわけ。

この記事は近年のホテルオープンにフォーカスしていますが、ウィリアムズバーグの発展というのはNYCの不動産マーケットの縮図として非常に面白いものがあります。

ウィリアムズバーグのアートやミュージックシーンの人気は随分以前からではありますが、近年ではWhole Foods Marketのブルックリン2号店がや Apple Store (弊社のウィリアムズバーグオフィスの隣です)ができ、記事にもあるように、キックスターターやAmazonがオフィスをオープンするのと同時に、未だ点在する倉庫などにはスタートアップのITなどがオフィスを構えるというニューヨークらしいモザイクが街の魅力になっています。

その意味では商業化が進みすぎたSOHOに対し、10年前のSOHOが持っていた ‘authentic feel’ を持っているという話しは、多くの方にとって実感値が高いと思います。

また最近では家族で暮らすウィリアムズバーグも高い人気であり、不動産マーケットにも大きな影響を与えています。

Source: Why Brooklyn’s Luxury Hotel Boom Is Focused on One Small Area in Williamsburg