弱いマンハッタンの新築市場と噛み合い始めた中古マーケット。

昨年の終わり頃からマンハッタンの新築物件(ニューデベロップメント)においては交渉がしやすくなっていることは以前ブログの方でも書きましたが、記事にあるようにマンハッタンにおけるニューデベロップメント在庫は益々増えることが予想されており、今後さらにマーケットがソフトになっていく可能性があります。

また記事にはありませんが、新築レンタル物件は軒並み苦戦していることにも注意が必要です。

これに対し、中古物件(リセール)については記事中にも書かれている通り、セラー側が漸くマーケットのシフトに対応し始め、現実的な値付けでのリスティングが増えてきていることで、売買は順調に成立しており、健全なマーケットを形成しています。

先日も何件かのオファーをリセール物件に入れましたが、交渉に対するセラー側の反応も、以前より現実的なラインによっている感があります。

ただし、もちろんニューデベロップメントにしてもリセールにしても玉石混交ですので、事前の物件調査と見極めを丁寧に行い、物件にあった交渉をおこなうことが大切です。

Source: Manhattan real estate stabilizes as prices come down