不動産バブルのリスクが高まっている都市。

数字をどうとるかは意見のわかれるところであると記事も示唆していますが、UBS Wealth Managementによると、不動産バブルのリスクが高まっている都市のトップはトロントであり、2位以下にはストックホルム、ミュンヘン、バンクーバー、シドニー、香港と続いています。

これらの都市は2011年以降、平均50%前後の価格上昇が見られ、世界の他の都市の平均価格上昇率である15%から抜きん出ていると警告しています。

ニューヨークやボストンは、雇用率の上昇、年収、物件サイズから判断して適正価格であり、シカゴは価格が価値を下回っているとのことです。

Source: Top Global Cities Face Increased Risk Of A Real Estate Bubble : NPR