アッパーウエストの酷いレストラン事情は誰のせいか?

これはあくまでSteve Cuozzo(Postの有名ライターでレストラン評論家)なわけですが、記事を読んでるとなるほど頷ける部分も多くあります。

ニューヨークは食の街であり、ニューヨーカーのライフスタイルはレストラン&クッキングシーンと共にあるといってもいいほどですが、そのトレンドは時代とともに移り変わります。

そしてそれがエリアと結びついたとき、現在は圧倒的にダウンダウンにそのトレンドがうつってしまい、彼曰くアッパーウエストは’Manhattan’s most miserable eating zone’と化してしまったそうです。

そして彼はその原因を手厳しくUpper West Siders(アッパーウエストサイドの住人)のせいだと指摘しています。

色々な意味でニューヨークらしい彼の視点です。

Upper West Siders deserve their crap-tastic food scene