Category Mamechishiki

マルチファミリーハウスとは。

マルチファミリーハウスとは2世帯以上の住宅のことを指しますが、2世帯以上であれば10世帯入っていても100世帯入っていてもマルチファミリーハウスかといえばそうではありません。

read more...

ラテ・ファクターを見つける。

先日あるクライアントの方が「ラテ・ファクターを中々なくすことができないんですよね・・・」という話しをされました。 「ラテ・ファクター」というのは、

read more...

SqFt(スクエア・フィート)

スクエア・フィート(Square Feet)というのは米国での面積の単位であり住宅不動産の世界では主に床面積に使用されます。 床面積は物件を売却する際にも購入する際にも非常に重要な要素となりますので、このスクエア・フィートという単位に慣れておくのは非常に重要です。 まず表記方法には以下のようなものがあります。 SqFt, Sq.Ft., sq.ft., Sqft, SF, ft2 (2は二乗の2) 1,350SqFt や 1,350SFのように表記されますが、ニューヨークの不動産マーケットでよく見かけるのはSqFtとSFではないでしょうか。 次に実際のサイズについてですが、1SqFtというのは0.0929平方メートル(平米)になります・・・わかり辛いですね。 大きなサイズで考えてみると1,000SqFt = 92.9平米となりますから少しわかりやすくなるのではないでしょうか。 1,000SqFt は100平米に少しだけ欠ける面積ということになりますので、サイズをイメージするということで言えば1,000SqFt というのは大体100平方メートルくらいと大雑把に覚えておけば問題ありません。500SqFtは50平米、850SqFtは85平米というわけです。 これでスクエアー・フィートというサイズの感覚がつかめたと思いますが、最後に床面積当たりの不動産価格、つまり1SqFt(ワン・スクエアフット)当たりの値段についてです。 例えば1ベッドルーム・コンドミニアムの価格が$850,00ドルで床面積が600SqFtであった場合、1SqFt当たりの価格は$1,417ドルということになります。 1SqFtというのは、1foot x 1foot の正方形の面積ですが、1foot は30.48cmですので、1SqFt当たりの価格というのは、約30cm四方の正方形の不動産価格ということになります。 ちなみにマンハッタンでの1SqFt当たりの平均不動産価格は不動産バブルでもうこれ以上は上がらないと言われていた2007年前後には約$1,200ドルだったのですが、現在はそれをはるかに超えています。 スクエア・フィートは土地の面積にも使用されますが、郊外の一軒屋などの場合にはエーカー(Acres)という単位が使用されます。ちなみに1エーカーは43,560スクエア・フィート、約4047平米になります。

read more...

ニューヨークでのテナント探し3つの基本。

私自身、自分の投資物件にテナントを持つランドロード(大家さん)でもあるため、クライアントの方にはテナント探しの際にできるだけ実践的なお話しを差し上げながらサポートさせていただいていますが、今回はその中から特に新しくテナントを入れるときに注意したい基本ポイントを3つご紹介したいと思います。

read more...

クレジットスコアについて

さて今日はクレジットスコアのお話です。 クレジットスコアとは、米国のクレジットカードを使うことで記録されるクレジットヒストリーを元に算出されたスコアであり、お金の利用に関する個人の信用度をあらわす指標です。 ごく単純に言えば、

read more...

アプレイザルとインスペクション

「インスペクション」と「アプレイザル」はどちらも物件の売買において行われるプロセスです。 まず、アプレイザルというのは、不動産を購入時にバイヤーがモーゲージ(住宅ローン)を使う場合、銀行がその不動産の担保価値とリスクを確認するために行われる物件の査定のことを指します。 アプレイザルは銀行がモーゲージを

read more...

大きなビルと小さなビル。

ニューヨークで不動産を購入するに当り、大きいビルにするか小さいビルにするかというのはよく話題にされることの一つです。 実際、大きなビルに住んでいる人もいれば、小さなビルに住んでいる人もいるわけで、住んだときの雰囲気や感覚的な部分での感じ方は人それぞれ。どちらのほうがよいとは言いがたいものがあります。

read more...

アルコブ・ステュディオ

ステュディオというのはStudio のことであり、日本語で言えばスタジオ。英語読みのカタカナ表記でステュディオと書きました。 米国不動産でステュディオ・アパートというのは日本で言うワンルームマンションにあたり、玄関ドアを開けるとそこには長方形もしくは正方形に近い一部屋があり、

read more...

ニューヨークに不動産投資をする5つの理由

こちらのベーシックな不動産投資セミナーでよく話される個人が不動産投資をする5つの理由について見てみたいと思います。投資対象は4世帯以下のタウンハウスや一軒家、もしくはコンドミニアムです。 Cash Flow 不動産投資に対するキャッシュ・フローは、毎月振り込まれるレンタル・インカム(家賃収入)のことを指します。キャピタル・ゲインに対するインカム・ゲインという言い方もできますが、これはある意味最も重要な要素の一つです。

read more...

Tax Abatement の期限が切れる日。

たまに日本の不動産購入セミナーでマンハッタンの新築物件(ニューデベロップメント)の購入を勧められたという話をクライアントの方から伺います。 Tax Abatement(タックス・アベイトメント)と呼ばれる不動産税の優遇策による安い不動産税があるのが魅力だと言われたという事なのですがこれには注意が必要です。

read more...